海外でも通用するビジネススキルを身につけるべき

異文化の中ではビジネスマナーも異なります。そういったものに柔軟に対応できる人は海外でも活躍できます。また、自分や商品を売り込む営業力や、値段を決める交渉力も身につけるようにしましょう。積極的に自分をアピールできると強くなれます。

★ メールのテンプレも国によって異なる

例えばビジネスメールのテンプレ一つとっても、日本と海外では大きく異なります。また、国によっても「社会常識」が違ってくるので、現地に行ったばかりの人は戸惑うことも多いようです。

メールの送り方、自己紹介の仕方、プレゼンの見せ方など、国の文化や国民性によって変わってきます。そういったものに柔軟に対応し、吸収していくようにしましょう。

★ 自分を売り込む営業能力

海外では積極的に自分を売り込んでいかなければなりません。自分の持つ能力や資格などをアピールし、仕事を手に入れていきます。そういったことを頑張れる人が重要なポストを手にしていくのです。

もちろん自分を売り込むだけではありません。商品を売り込んでいくスキルも重要になっていきます。自社の商品が相手にとってどれだけのメリットをもたらすのかがきちんと説明できて、売り込める人が海外でも活躍できます。

★ 交渉力も身につける

海外では日本のようにはっきりとした相場がないことが多いです。そのためきちんと値段の交渉ができる人が活躍できます。

相手のメリットを強調し、自分の弱みを見せず、お互いが納得できる形で契約を結べる交渉術を身につけましょう。

海外で活躍したいのであれば、現地でのビジネスマナーや営業力、交渉力を身につけるようにしましょう。自分を上手にアピールする必要があります。そういった力が身につけば活躍できる場も増えます。

関連する記事

Close Menu