海外で働く上では、学歴はあったほうがいい

海外で働く上では四年制大学の学位以上の学歴はあった方がいいでしょう。高校卒や短大では肉体労働者や単純作業員として見なされてしまうこともあります。

日本での有名大学を出る必要はありませんが、仕事に関係する学問を大学で学んだ人の方が海外で働く際にも有利になります。

★ ビジネスマンなら四年制大学の学位

海外でビジネスマンとして見られたいのであれば、四年制大学を卒業したという学位は最低限あったほうがいいでしょう。日本国内でも学歴によって待遇が異なりますが、海外ではさらに顕著です。

ただし、海外に行ってしまえば大学の名前は関係ありません。東京大学でも、その他の地方大学でも大差なく受け入れられることもあります。大学での専攻内容は重視されるので、大学に行く際には仕事に関係した学問を学ぶようにしましょう。

★ 専門家を目指すなら大学院の修士号

プロフェッショナルとして扱ってもらうのであれば大学院に行って修士号を取っておきましょう。修士号があれば、就業経験がなくても専門家として扱われることもあります。

特に海外で工業、農業、経営の分野で活躍したいのであれば、修士号を取っておくことをおすすめします。それこそ東京大学卒よりも修士号を持っている人の方が待遇が良くなることもあります。

★ 学歴はあったほうがいい

労働ビザを取る際にも、仕事に関する知識や技術が本当にあるのかどうかが問われることがあります。大学の学位や大学院の修士号などはあった方が手続き上有利になるかもしれません。大学の名前はあまり問われませんが、海外で働きたいのであれば学歴はある程度あった方いいでしょう。

海外で働くのであれば、四年制大学卒以上の学歴があった方が有利かもしれません。海外就職に興味があるのであれば、仕事に関わる学問を大学で学ぶようにしましょう。

関連する記事

Close Menu