英語だけでは不十分。その他の言語も話せるように

海外で仕事をし、生活したいのであれば英語は話せるようになる必要があります。けれどもそれだけでは不十分です。英語以外のその他の言語も、行く前にある程度習得するようにしましょう。仕事の現場などで活躍できる場が増えます。

★ 英語は話せて当然

日本では「英語が話せる人=仕事ができる人」と思われがちですが、海外では英語は話せて当然の言語です。海外における「仕事ができる人」とは「母国語と英語と、英語以外の3ヶ国語以上の言語が話せる人」です。

英語が話せたからといって海外では評価されません。海外で働いて活躍したいのであれば、英語だけでなくその他の言語も話せるようになりましょう。

★ その他の主要な言語も話せるようになろう

おすすめなのはスペイン語、フランス語、ロシア語、中国語などです。仕事の場で使用している人も多く、これらの言語が話せれば活躍できる場も増えます。もちろん現地での言葉が話せたらかなり強くなります。

★ ネイティブのような発音を心がける必要はない

日本人がネイティブスピーカーに勝てるわけがありません。ですから発音などにこだわる必要はありません。また、小説家のような語彙力も必要ありません。

重要なのは話そうとする気持ちと相手が何を言っているのかを聞き取れるだけのリスニング力です。英語にしろ、その他の言語にしろ、スピーキング力とリスニング力があれば何とか会話はできます。

完璧な言葉を話そうとしなくてもいいので、できるだけ積極的に外国の人と触れあうようにしましょう。

海外では英語は話せても当然です。活躍するためにはその他の言語も話せるようになりましょう。日本語・英語・その他の言語の3カ国語以上が話せるようになれば、仕事の幅も広がります。

関連する記事

Close Menu